離婚の話し合い中に、夫がマンションを売りにだしました

ご相談内容

夫の浮気を理由に、離婚調停中で、慰謝料や財産分与の話をしている最中です。

今わたしが住んでいる家は、夫名義のマンションですが、今回の離婚で財産分与に含めて、わたし名義に変更してこのまま住み続けようと考えています。

ところが、先日夫が、自分名義のマンションを無断で売りに出していることがわかり、驚いています。不動産会社の売り出し中の広告にも掲載されていて、一刻も早く辞めさせたいです。

仮処分の申し立てをすぐしましょう

離婚の話し合い中に、相手に財産を渡したくない一心で、黙って売却して現金にして、それを使ってしまうということがあります。現金で、使ってしまわれると、財産分与を請求しても分けるお金もなくなってしまいます。

絶対に阻止するには、家庭裁判所に「民事保全法による仮処分」を申し立てることができます。

これにより、今回の不動産だけではなく、預貯金、退職金、自動車などの動産を、差し押さえて、売却できなくします。家庭裁判所に提出する書類を作成し、また補償金も必要になってきますので、弁護士などに相談してください。

他には、調停前の仮の処分申立という方法もありますが、これは執行力がなく、措置に従わない場合に10万円以下の過料が課せられるだけです。

仮に売り出し、最終的に金銭化されたとしても、財産分与の対象になることには争いがありません。ただし、現住居がとにかく重要だという場合には、民事保全(保護して安全にすると書きます)を検討しなければならないのです。

おすすめの記事
夫と10年前から別居状態で、最初の2年だけは養育費が振り込まれていました。夫は、他の女性と同居していて、夫の母と3人で生活していましたが、最近夫が死亡しました。遺族年金は妻である私が受け取れますか。
不倫・浮気
夫と10年前から別居状態で、最初の2年だけは養育費が振り込まれていました。夫は、他の女性と同居していて、夫の母と3人で生活していましたが、最近夫が死亡しました。遺族年金は妻である私が受け取れますか。
ご相談内容 10年前に夫が他の女性を好きになり、家を出ていってしまいました。 もし私が夫と離婚したら、その女性と結婚することが許せず、離婚は...